2009年04月23日

自分サイズに仕立てるという事

先日の事になりますが、羽織の余り布のバックを取りに言った時、セールをやっていたので店員さんに誘導されて夏物売り場へ。

そういえば、買おうかと思っていたんだった。。とあれよあれよと浴衣と夏物袋帯を。店員さんの思う壺。笑
彼女が入社したばかりの時は敬語は使えないわ、仕立てのサイズや方法を間違うわ、送ってくれる葉書の字は読めないわ、大丈夫かなぁ?と心配したものですが、今では立派に(字も大人に!)自然と売れるように。。月日の経過を感じるわ〜笑

さて、浴衣ですが、今は仕立て上がりの物が多く売られていますね。すぐ着られるし安価な物が多いので便利です。
ファッションビルや駅ビルに入っているチェーン系呉服屋さんで吊しを見るのが一番敷居が低いでしょうか。

浴衣は着付けも簡単ですし、滑り難いので着崩れも着物に比べたら全然ありません。(着崩れする方はよっぽど、です。)でも、お手軽な値段だからこそサイズにこだわりたいですね。。着心地や着姿が格段に違います。
中肉中背(今Mサイズは、158cm、52キロぐらいでしょうか)の方は大して変わらないと思いますが、それより大きい(小さい)方は仕立てたほうがいいですよ!サイズがあってない着物や浴衣は着付けに一工夫必要です。
自分のサイズのものと体型が異なる方からいただいた(借りた)ものと比べてみると、体感してもらえるかと思います。

先日も、生徒さんで、おばあさまの箪笥から未仕立ての帯があったから、活用したい、ということで、短時間で仕立ててくれるところをネットで探して見ました。


お手軽!!ただ、仕上がりは確認していません。あと、ミシンですと、その後洗いに出したりといった時に不便というか、解いて再利用は難しいのですが、そこまで使い倒せる方は正直少ないのではないか、と思います。(つまり、ミシンでも十分な場合が多い。)

浴衣であっても、自分サイズがいいですよ。私の場合は問屋で購入したので、反物で6千円、仕立てで8千円ぐらいでした。仕立ては手間賃なので、浴衣の仕立てで格安とか(仕立て上がりでもユニクロ浴衣など格安もの)は、間違いなく日本ではないかと思います。海外仕立てがダメって事はないですが、使い分けをした方がいいかな、と。



仕立て上がりのものでも、長襦袢がちょっと長いなと思ったら腰であげをとったり、ちょこちょこと裁縫が得意な方はいいのですが、面倒だわ、と思われる方、着姿に自信が持ちたい初心者の方は安い反物でもいいので、自分サイズで!!

慣れてきたら、腰紐をかけながら脇でタックをとって身幅の広い着物を着れたり、半襟を大きく見せて裄の短い着物を着れたり、伊達締めを締める時におはしょりを調節して着丈の長い着物を着たり、逆に腰紐をひく〜くして着丈の短い着物を着たり、色々と対応ができるようになるかと思うので、古着等でも気に入ったら買っていいと思うのですが。

帯は、手の長さや身長の影響はなく、帯自体の幅や長さによるので、帯は仕立て上がり(古着)でも大丈夫です。

自分のサイズに仕立てるというのは、ちょっと敷居が高いな、もったいないな、と思われるかもしれないですが、中肉中背以外の方は、絶対に(熱弁)自分サイズの方が着付けが早く覚えられますよ〜〜ほんとですよ〜〜。

ただ、譲られた着物で小さい、というのは、洗いに出して仕立て直しになるので、反物から仕立てよりお金がかかり、生地が弱っていたり足りなかったりしてそもそも仕立て直しが出来ない場合があります。
極力体型が近い方に譲ってもらえるといいのですが。。。
posted by wabiyori at 00:20| Comment(0) | 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。