2009年06月07日

博多織の帯で銀座結び(角出し)

ginzamusubi.JPG

名古屋帯での一重太鼓をマスターされ、最後の一回で銀座結び(角だし)を練習された生徒さんです。

これから暑い時期、お太鼓用の枕、結構汗ばむのですよねぇ。へちまなんかで枕を作られる方もいらっしゃるぐらい。
そういう暑い時期にこの銀座結びはぴったりです。背中のところにあたる部分に帯揚げだけでもできますが、私の場合は帯揚げだけでは支えきれないことがあるので、新聞紙を折りたたんでガーゼをかけた簡易銀銀座結び枕を作って使っています。芯があるとやわらかい帯の時でもぴっと背中に沿いますよ。

バランスが命の結びです。背中の見える部分が多いので、小柄な方の方がバランスがとりやすいような気がします。浴衣に麻の帯で銀座結びなんてのも粋で素敵ですね。
posted by wabiyori at 19:01| Comment(0) | 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。