2009年07月26日

もうすぐ生まれる甥のための祝い着

iwaigi.jpg

甥がもうすぐ生まれるので、また実家のパシりとして馬喰横山の辻和に買いに行って来ました。

名前に馬を入れるらしくて馬の柄のを探してもらったのですが、やはり珍しい柄は高い!問屋価格で13万円でした!

でも、お手軽な値段のは兜か鷲か。なんだか貸衣装にありそう。。

結局、ちょっと予算オーバーでしたが、写真の真ん中の山の祝い着に。柄が絞りでかかれていて(辻が花みたいに)、赤ちゃん物のくせに渋くて素敵だったので。
市田ひろみさんプロデュースのものでした。

姪の祝い着の時も絞り。我が家は絞りがわりと好きです。笑
姪の祝い着を購入したとき→まだ生まれていない姪のための着物

女の子の物は入れないけど、男の子の物は家紋を入れる事が多いそう。我が家はたいした家でもないし、人に貸しにくくなるからいれませんでしたが。

100日のお参りの時が出番です。赤ちゃんは、普通は白の一つ身を着ますが、白のベビードレスでもいいと思います。ベビードレスならリサイクルショップなどでお安く入手できますしね♪
posted by wabiyori at 18:13| Comment(0) | 着物箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。