2010年06月14日

前結びで名古屋帯の一重太鼓1回目

tsuzurenagoya.jpg

前結びは後ろで帯枕のガーゼ、帯揚げ、帯締めを仮結びして、前でもう一度結びなおし、しかも前にぐるっと回すときにどうしてもお太鼓が崩れがちなので、普段の教室では後ろでお太鼓を作っています。
でも、後ろだとどうしても力が入らない方、年齢とともに腕が上がらなくなった生徒さんには希望に応じて前結びをしています。

綴れの帯を使っての練習です。一回目にしてはちゃんと形になったかな??

銀座結びは普段から前結びしていますけどね〜。大きさの調節がしやすくて、元々銀座結びは位置が低いので脇にひっかかって崩れる、ということも少ないですし、銀座結びのコロっと感は結ばないお太鼓の方法だと出ないので、結んでお太鼓を作る方法の方がいいかな、と思っています。

お太鼓の形が出来ると、着物を自分で着れる、というイメージがぐっと近づいてワクワクしてきますよね。お太鼓の形って案外入り組んでいるので、どこに何を通して〜〜と最初は長いトンネルの中にいるよう。視界が開ける(イメージがつかめる)まで少し我慢していただいて、練習を重ねていただきたいな、というところです。

本日もご覧いただきありがとうございます。
更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
posted by wabiyori at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。