2011年02月14日

姪が着付けのお手伝いをしてくれました。

三連休は姪と甥の相手をしていたら終わりました。

三歳の姪は着物がきれいなものかわいいものが大好きで、着物も大好き。

着物の人をみかけると「今度ママもピンクの着物着ようっか。巻くの買おうっか」と言っています。

祖母の着付けも手伝ってくれました。一所懸命に伊達締めを押しあてますダッシュ(走り出すさま)おぉ、ちょっと邪魔だぞ、と思いふらふらその後は紐を渡してもらう係をしてもらいました。

他の日は、友達が子供二人を連れて遊びにきてくれました。

私自身、ごっこ遊びがあまり好きじゃないので、つみきや体を使った遊びの方が好きです。正直子供のころから「あと何回この空気ジュースとドロ団子を飲み食いすれば、開放されるんだろう。。」と思っていまして。。

私の周りの友達の男の子はオタクが多くて、びっくりすることも。
仏像オタクの二歳児とかカトラリーマニアとか(とにかくいろんなスプーンを集めています。)。

今回の帰省で会った友達の息子は「ゲゲゲ」。水木しげると藤子不二夫を「先生」と 仰ぎ、たっくさんお絵かき(本人曰くお絵かきではなく漫画描き)してくれました。富山がまんが道の舞台にもなっている、なじみの深い藤子不二夫(漢字あってる?)先生。
友達の子供はしゃべり方まで完全オタク(秋葉系)で友達は「私、普通に育ててるんだけど。。」と嘆いて(?)いました。その友達のお姉さんも少女漫画家なので、あまり疑問に思うほどではないんですが。。。

それにしても、好きこそものの上手なれ、という言葉を実感しました。その4歳の男の子、ゲゲゲの妖怪を書くために、こなき爺の前掛けの「金」という漢字をさっさと書けるようになったみたい目
細部まで上手に書いていたので、焼いて固めるキーホルダーにしてあげました。

201102111708000.jpg

本日もご覧いただきありがとうございます。
更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
posted by wabiyori at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。