2011年04月21日

色々な教室で使われる道具を使ってみる〜胸紐・コーリンベルト編

胸紐編です。他装の場合はコーリンベルトかモスの紐をご準備ください。


私の場合は金具付き着物サッシュの場合はそのまま利用して紐やコーリンベルトは使いません。
(金具つき着物サッシュについては→色々な教室で使われる道具を使ってみる〜伊達締め編をご覧ください。)

サッシュを使わないときは、キンチの紐かコーリンベルトを使います。

■モスの胸紐

【メリット】一番基礎となる方法。詰まってくることがない
【デメリット】内側の着物を三角にあげるのが難しい、長さがあるとモコモコするです。

■コーリンベルト

コーリンベルトです。
【メリット】きっちり着付けられる。伊達襟を使うときは特に早く仕上げられます。前部分がすっきりします。
【デメリット】ゴムや金具が一定期間でダメになる。長さ(たるまないギリギリ)、高さ(高すぎず、左右対称に)がちょうどいいところじゃないとかえって害になる。

身幅が合っていない着物にはコーリンを使いたいですね。

■コーリン締め

コーリン締めコーリンベルトの改良版で、紐とコーリンのいいとこどりです。初めてお客様がおもちになられた時はびっくりしました!
【メリット】引っ張りすぎることがない。おはしょりの処理をするときは便利。
【デメリット】滅多に売っていない。高い。さほど時間は短縮されない。


なので、時短のためにアイテムを追加したい方は金具付き着物サッシュを購入されるのがいいかな。長襦袢に金具を外側にして使います。
■ゴムベルト・ウエストベルト

ゴムベルトを使う方もいらっしゃいます。こちらもお好みで。

更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
posted by wabiyori at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物FAQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。