2011年05月01日

新しい帯結びを考える〜菖蒲・あやめをイメージして

今日は一日予定がなかったので、新しい帯結びを考えました。小柄な方向けの寄りかかっても大丈夫かつ最近のゴージャス3D帯結びというよりは、年配の方にウケがいい、古典柄着物に合わせられるような帯結びかな、と思います。

今度伝統芸能のパーティーに誘われているので、一緒に行く友人に結ぼうかな、と色々考えているところでして。

basyo1.jpg basyo2.jpg
もう少し高めにすればよかったかな。。でも、そうすると衿にひっかかってきてしまう。。もう少し考えます。
なんとな〜く菖蒲に見えなくもないでしょうか目

basyo3.jpg
中心に、最近凝っている水引細工の鶴を飾ってさらに豪華に手(チョキ)。どうせなら、鶴を上向きでつければよかったわぁ。。。あせあせ(飛び散る汗)

basyo4.jpg basyo5.jpg
手先は双葉ひだ、たれさきは初めてやってみた立ち葵ひだというひだだそうです。立ち葵はもう少し左右均等になるように練習しないとな〜。
手先の残りで文庫の中心を作って、タレの残りで文庫の羽を作っています。今回は長かったので、左に二つ羽を作っています。

水引細工はパーツでも売っているようです。古典柄の着物とすっきりした帯結びにポイントとしていいかな〜と思っています。



更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
posted by wabiyori at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | お客様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。