2011年05月27日

孔雀ヒダ、だったかなぁ?

豪華な帯結びになりますので、タレ先に50cmぐらいはとれる時に使ってみてください。ヒダの名前はよくわかりませんが、孔雀ヒダだったような気も。。違ったかな?

結構簡単ですよ。ポイントといえば、ヒダの高さ(幅)をあわせることぐらいでしょうか。あと、サイズを調整して、全体に浮かないサイズにすることぐらいかな。
kujya1.jpg
1.タレ先にびょうぶヒダをとります。小さく仕上げたいときは4つぐらい。ゴージャスに大きくしたいときは6つぐらいでしょうか。
2.右端から5cmぐらいのところにクリップで留めます。これも、小さくしたいときは、中央に寄せてください。
kujya2.jpg kujya3.jpg
3.一手幅ぐらいの位置で三つ山ヒダを取ります。
kujya4.jpg
4.三つ山ヒダを回転させて持ってきて、最初のびょうぶヒダを押さえているクリップと重ねます。
kujya5.jpg
5.クリップの位置を輪ゴムで留めます。
kujya6.jpg
6.ゴムを隠すように手前の端を右から左に移動させます。
7.ヒダを広げて、丸く仕上げます。

実際の使用例はこちら→身長が高い方だからこその変わり結び

更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
posted by wabiyori at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。