2011年06月30日

帯が長すぎる場合の処理。手先が長すぎて余る。

夏の帯は絽、紗、羅など透ける素材で生地も薄めです。
袋帯や九寸名古屋帯は芯を入れて仕立てますが、ほとんどの名古屋帯は八寸のかがり仕立て。

涼しくていいのですが、ペラペラして冬物よりお太鼓の形が作りにくいかもしれないですね。古い帯なら気になりませんが、新しい帯だと長すぎて、「この帯は二重太鼓用?」と不安になるぐらい長いものがほとんどです。

そんな時は、まずはお太鼓柄なら前の柄とお太鼓の柄を合わせて着付けて、どれぐらい長いか目安をつけます。お太鼓部分にあまりがあるなら、枕をしたあと、残りをぴっちりしわをのばして、あまりにも長い時は巻いている帯に下からはさみこみます。最初はボリュームを押さえるために仮紐つかうといいですね。

夏物は着物や長襦袢も薄くなり、補正もなるべくしたくないな、となると、袷を着ていたときより随分胴回りが細くなります。その分、帯も短いといいのですが、そうはいきません。手先が長い場合は最初に手先の内側におりこみます。一ヶ所ぬいとめておくと巻くときに楽ですね。
201106302148000.jpg
↑こんな手先を
201106302148001.jpg
内側に折るんです。

そうすると、お太鼓の下線をとめるてさきが補強されて、お太鼓の下線がふわふわ浮きにくくなってきます。帯が長いな、と思われる方、カスタマイズして、着付けにかかる時間を少しでも短縮したいですね。



更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
posted by wabiyori at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。