2011年07月31日

少し長めの袋名古屋帯で出来る変わり結び

nagoya.jpg

夏の帯はシンプルな柄で白地や黒地など落ち着いたものが多いですね。新しく仕立て上がりを購入されると最近の帯は長いことが多いです。この袋名古屋帯も二重太鼓には短いけど、一重太鼓にするとものすごい布があまります。
その場合は、一重太鼓にしたいときはちょっと調整するか→帯が長すぎる場合の処理。手先が長すぎて余る。
小鼓太鼓にするか(二重太鼓の最後のたれを折り返さず、輪に手先を通します)、ですね。

でも、長さがある分、写真のような簡単な変わり結びが可能です。

久しぶりにふくら雀を結びました。久しぶりの箱ヒダに時間がかかちゃいました。何事も訓練ですね。

更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
posted by wabiyori at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お客様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。