2011年12月10日

龍村がモデルになっています〜宮尾登美子「錦」

宮尾 登美子 中央公論新社 2011-11-22
売り上げランキング : 263081
by ヨメレバ


最近、安定期に入り、初期には一切字を読むことが出来なかったのですが(なんだかメマイがしてしまって)、読書が出来るようになってうれしいです!特にこだわりもなく何でも読む活字中毒なもので。。。今年の家計を見てみたら、夫婦で書籍代が30万でした。我ながらびっくり。
目を疲れさせるといけない、といわれたりもしますが、私の場合は読書できないとストレスなので、産前に沢山読みたいと思います!時間がないと読めない塩野七生の「ローマ人の物語」を読もうともくろんでいます。ふっふっふ。

さて、今回ご紹介する本は、結構厚みがあります。読書になれていない方は避けたほうがいいかも。

宮尾登美子さんの小説は女性が主人公のものがほとんど、今回は珍しく男性が主人公です。龍村美術織物の龍村平蔵さんが主人公です。

この前、きもの文化検定を受検したときに、織についてもジャガード織はこの時期に導入されたのね〜と知識としてはしっていましたが、ストーリーになっているとスッと入ってきますね。

お茶をされていらっしゃる方には親しみやすいかもしれないですね。私の使っている数珠入れも龍村です。テーブルセンターなどは、骨董品が好きな方が飾るのにとっても素敵だと思います。

帯もとっても素敵なのですが、なんといってもお値段がね。。。でも、着付けで触れさせていただいたことは何度かあります。やっぱり値段だけのものがあるんですよね。ですので、予算に余裕がある方は手に取ってみてみて欲しいですね。

--------------------------------------------------
和日和着付け(出張もいたします。)http://wabiyori.net/kitsuke.html

更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
posted by wabiyori at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。