2012年03月28日

帯締めの長さが足りなくて、房が前から見えるときの対応

最近の帯締めは長いので、下手したらお太鼓の中に房がくるぐらいですよね。
妊娠中のお腹でも、私の場合は最近の新しい帯締めを使っていたので、前から房が見える、ということはありませんでした。

でも、昔のアンティークや昭和のものだと、短めの帯締めも多いですね。ふくよかな方だと長尺をお使いの方も多いですが、長尺はバリエーションも少ないし、レンタルの礼装の場合は長尺じゃない場合もあります。

そういうときに、帯締めの結び目のギリギリのところに房があると、いかにも「胴回りが大きくて、帯締めの長さが足りませんでした!」と主張しているようなもの。。。悲しいです。

ですので、房が目立たないような対応方法をまとめました。

妊婦さんの着付け・帯締めの長さが足りないとき!

二種類の方法を記載しています。それぞれ違う先生に教えていただいた方法です。
obijime_s3.jpg
こちらは、房を隠す方法。

obijime3.jpg
こちらは、後ろで結んでしまう方法です。

ご参考までに〜。


--------------------------------------------------
和日和着付けhttp://wabiyori.net/kitsuke.html
妊娠中の妊婦でも着物を楽しみたい!



更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
posted by wabiyori at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物FAQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。