2012年04月13日

着物生活はお尻が下がってくる〜「たたずまいの美学」を読む


着物をただ着れるようになっても、こなれた感じは出ません。所作がやっぱり着物仕様になっていないからなんですね。
袖や袂の処理(腕を大きく使ってしまう)、歩き方(腰をひねってしまう、大またになってしまう)が大きなところでしょうか。

着物での所作を学ぶために、一度読んでみてくださいね〜。

でも、着物での所作に慣れてくると、今度は洋服が似合わない体型になってくると思います。腰をひねらないから寸胴に。ちょこちょこと歩くから腸腰筋(いわゆるインナーマッスル)が使われなくて、どんどんお尻は垂れてくるし下腹が出てくる。。。悩みどころですわ。
和の踊りをしていれば、インナーマッスルがまだ鍛えられますが、ただ着物をきるだけでは体のラインが出ないし、緊張感のない体になってしまいます。

なので、それはそれでメンテナンスが必要ですね。

--------------------------------------------------
和日和着付けhttp://wabiyori.net/kitsuke.html
妊娠中の妊婦でも着物を楽しみたい!



更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
posted by wabiyori at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。