2012年04月28日

振り袖広告に架空価格=京都の業者、雑誌に−消費者庁

振り袖の広告を雑誌に載せる際、架空の標準価格を表示して販売価格が割安に見えるよう誤解させたとして、消費者庁は27日、繊維製品卸「松村」(京都市上京区)に対し、景品表示法に違反したと消費者に周知するよう命じた。
 消費者庁によると、松村は2010年と11年に、成人式用の振り袖を販売するため、主婦の友社などの出版社に依頼して雑誌を発行。「Kimono Walker Vol.6」や「S Cawaii!特別編集」などの広告で、販売価格が標準小売りセット価格に比べ、最大で28万2000円安くなっていると表示した。
 しかし消費者庁は、実際には標準小売りセット価格で販売された実績はなかったとしている。
 雑誌は松村が振り袖を卸している33都道府県の86特約店に置かれ、一部の書店でも販売された。消費者庁は同社に対し、再発防止策の徹底や今後、同様の表示をしないことも命じた。
 同社の松村滋社長(64)は取材に対し「今後はそういう表示はしない」と話した。(2012/04/27-17:25)

http://www.recall-plus.jp/info/18977

よくある、着物の価格の二重表示。特に、チェーン系のところで多いでしょうか。ちょっと渋ると「キャンペーン価格で、この値段です」と急に半額などの値段を提示してきたり。それが、呉服業界への不信感の原因となっている、といっても過言じゃないような。

呉服の常識が、世間の非常識とならないように、わかりやすい価格の表示となってほしいですね。

--------------------------------------------------
和日和着付けhttp://wabiyori.net/kitsuke.html
妊娠中の妊婦でも着物を楽しみたい!



更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
posted by wabiyori at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。