2012年06月18日

大塚・巣鴨が舞台〜ちょんまげぷりん

娘は結構まとまって寝るので、あいた時間にちょこちょこと本を読んでいます。2日に一冊ペースで。図書館に通いまくっています。。。あせあせ(飛び散る汗)私は面白いな、と思ったらその作家の本は一通り全部飽きるまで読んでしまい、直近では川上弘美の「コバヤシくん」といった氏名のカタカナ表記にもうお腹一杯になってしまったところです。

図書館だと、気軽に手に取れるのがいいですね。目的がなくてもなんとなく選べる、というのが図書館や本屋のよさなんだと。そういうのはネットではないですもんねぇ。
最近読んだのはこちら

錦戸君で映画化もされていますね。

内容は漫画みたいなシンプルな設定で気軽に楽しめます。面白かったのは、舞台が大塚っていう微妙な場所なところ。主人公達がタイムトリップの入り口を探して大塚・巣鴨・西巣鴨をぐるぐると徒歩で回ります。
何があるっていうわけではない住宅街ばかりを歩いているのですが、近所なので「あそこらへんかなぁ」と想像して読めたのが楽しかったです。
巣鴨が舞台っていうと刺抜き地蔵とかおばあちゃんの原宿とかばっかりのような。あとはぱっと思いつくのは映画の「誰も知らない」は西巣鴨が舞台ですね。といっても実話がベースになってるから、舞台というか事故現場というか。。。

駒込が舞台になっているものは結構あるんですけどね。鬼平犯科帳にも出ていたような。

こちらもうちの近所が舞台です。ソメイヨシノのお話で結構面白かったなぁ。こういった本を見つけられるのも図書館のよさですね。

--------------------------------------------------
和日和着付けhttp://wabiyori.net/kitsuke.html
お宮参りとは??お宮参りにお勧めのショップ・着物などなど



更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
posted by wabiyori at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。