2012年08月02日

立体感に感動〜「長艸敏明の刺繍」をみる。

長艸 敏明 世界文化社 2012-02-09
売り上げランキング : 114922
by ヨメレバ


長艸敏明さんが手がける刺繍は8000色もの絹糸から使う糸を選び出し、30種類以上の繍法を駆使し、一針一針丁寧に繍いこまれているんだそうです。今回みた本は、自分ではなかなか購入するのに躊躇する金額。写真が多いですからねぇ。図書館で借りました。
実際に作品を手にとって見ているかのような立体的な美しい写真で構成し、ただ眺めるだけで楽しめるアートブックのようです。宮尾登美子の「きものがたり」で拝見したのが長艸さんの刺繍を知った初めてでした。それ以来、雑誌で見かけるとつい手をとめて食い入るように見てしまいます。
きものがたりについては→秋の夜長の読書(1)着物エッセイはいかがでしょう?

出てきた着物では、夏物の百合の刺繍のものが一番好きでした。白百合を白糸を使わないで、表現されていて、微妙なグラデーションで立体感が出ています。それと、黒留袖が気になりました。紋がそれぞれ全部デザインを変えてあって、遊びの紋。そして、比翼が赤!黒留袖と言えばフォーマルですが、この持ち主の方はどういったシチュエーションでこの黒留袖を着ていらっしゃるのか、とっても気になってしまいました。着物よりも。笑
これらに出ているような着物は私にはとうてい着こなすことは出来なさそうな雰囲気です。というより、もったいなくてお茶席なんかでは特に(刺繍が擦れてしまうので)着たくなくなりそうです。

刺繍の技法は全然知らなかったので、へぇ〜と眺めれましたので、高い値段だけど結構元がとれる値段なのかも。でも、一番最後の刺繍のデザイン集はいらないかな。刺繍をするのが好きな人は、もっと技法や糸について中心的に書かれているものを購入するでしょうし。ちょっと欲張って詰め込みすぎてしまわれた?といった感じでした。

--------------------------------------------------
和日和着付けhttp://wabiyori.net/kitsuke.html
お宮参りとは??お宮参りにお勧めのショップ・着物などなど



更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
posted by wabiyori at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。