2012年09月21日

垂涎ものの憧れ品から知られざる名品まで「きもの好き 永遠の「名品小物」」 を読む

きものSalon編集部 世界文化社 2012-06-27
売り上げランキング : 16302
by ヨメレバ
図書館で借りて読みましたが、なんとなく手元に置いておきたくなり、注文して購入しました♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

定番からめずらしいものまで、本当にいいものだけ80点以上出ています。私も持っているものも!たとえば、道明の帯締めや(→道明に関する過去の記事)、かずら清老舗のかんざしや(→かずら清老舗の過去の記事)、弓月のバッグ(→弓月に関する過去の記事)。

この本の表紙の志ま亀の帯締めもこの独特の色の組み合わせがいいなぁ、と思いつつ買っていないので今年こそ買うぞ〜。やっぱり、志ま亀の着物には、志ま亀の帯や帯締めが楽にコーディネートできるわ、と思ってしまっているところなんです。

着物や帯は名品だと車が買えるようなお値段になってしまいますが、小物は庶民でも手が出る贅沢です。そこがうれしい♪名品はやっぱり質が高いので長く使えるし、コーディネートがしやすくて汎用性が高かったりします。少しずつ集めていきたいようなものが沢山出ていました。もちろん財力があれば一気にそろえることもできるのでしょうが。物理的に京都にしかないお店もちょこちょこあるので、一気にはやっぱり難しいかなわーい(嬉しい顔)
絶対購入できないようなものも出てましたけどね(オーダーのバーキンとか。。。)。購入できるような値段のものは、いずれはこれ欲しいなぁ、と楽しく眺めています。

そういえば、私は予期せず展示会などでマキマキされて軽く軟禁状態などになって、買わないと帰してもらえない~という時は、小物を買ってなんとか誤魔化して帰ることにしていますふらふら


更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)↓おかげさまでランキングは上位を維持できてています。ランキングを見てみてくださいね↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
--------------------------------------------------
和日和着付け(出張もいたします。)http://wabiyori.net/kitsuke.html
posted by wabiyori at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。