2013年03月19日

振袖を自分で着たい!補正編

自分で振袖を着る、振袖自装のポイントや留意点について、数回に分けて書かせて頂いています。
過去の振袖自装の記事
この振袖を自分で着たい!は着付け師さんにとってはいたって普通の事を書いていくことになると思います。ですので、着付けをならい始めて、自分で振袖を着れたらいいなぁ、というプロじゃない方に読んでいただけるとうれしいです。

さて、着物を着る出発点は体を筒型にすること。特に振袖は大きめに作られていることが多いので、ぶかぶかとシワが出来ないように、普段の小紋や紬を着るときの補正の倍以上、を心掛けるぐらいでちょうど良かったりします。

振袖自装
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
補正をすると太って見える事を心配される方もいますが、シワがあるとかえって老けて太って見えるんです。

まず、お尻はお太鼓とは違い、見えますので、腰からお尻にかけてをまっすぐなだらかにしなくてはいけません。タオルをいつもより一枚多くしてみましょうか。

ウエストは二枚かなぁ、体型にもよるので調整してください。

胸元は。。まずは、自分で振袖を着るなら、着物ブラジャーは必須です。胸がふくよかじゃない方でも、補正に使えたりしますから。
私の場合は、補正付き和装ブラジャー+市販の補正具を使っていました。自分で作ってもいいんですよ。野球のキャッチャーみたいな感じになってちょうどよいぐらいです。

さらしが上手に使える方はさらしなら、和装ブラジャーもいらないし、補正具も使わずにできます。

そして、長襦袢、着物を着ていきますよ。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
--------------------------------------------------
和日和着付け(出張もいたします。)http://wabiyori.net/kitsuke.html

posted by wabiyori at 08:00| Comment(0) | 着物FAQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。