2013年03月29日

振袖を自分で着たい!帯結び変わり結び編

振袖を自分で着たい、というとき、一番のネックはやはり帯結びですね。自装のレッスンは通常、一重太鼓→二重太鼓の順番で習い、変わり結びは他装のみというところや、改良枕を使ってのところ、前結びのところ、色々とあると思います。
kairyo.jpg
自分で着るには、改良枕を使うか前結びをするかのどちらかになると思います。

それぞれ、メリットデメリットがありますのでご紹介しますね。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
■前結びでの変わり結び→例)振袖自装のための自分で結ぶ変わり結び(前結び)
<メリット>
・他装で変わり結びになれている人にはとても簡単
・自分で見てヒダの具合や自分の体とのバランスを確認できる
・体が硬くても大丈夫
<デメリット>
・脇を通すときにヒダがつぶれる
・帯結びを高くするのが難しい
・紐を上手に結んだりしないと崩れたり、回っていかなかったりする
(前結び用の帯板があるほうがよい)

■改良枕での変わり結び→例)冒頭の写真です。
<メリット>
・事前に準備しておいて、当日は巻くだけなので余裕を持って準備できる
・帯の長さが短くても大丈夫
<デメリット>
・胴に巻く部分がピタっとなりにくい
・シンプルな帯結びになりやすい
・あまり変わり結びのテキストなどがない
・改良枕が必要

といったところでしょうか。改良枕での変わり結び、しばらくしていなかったので、やってみました。それが冒頭の写真です。長襦袢に着せちゃってすみません。。。振袖にはな〜んかシンプルで寂しいんですよね。訪問着とかであれば、これぐらいでもいいんでしょうけど。

と、思っていたところに、小春先生の記事が。
改良枕の創作帯結び(一人で振袖を着る方向け)
なんてタイムリー!!私の思いが通じたのかのよう。笑

小春先生のテキストは写真が多くてとても分かりやすいのでアップされるのが今から楽しみです。

自分で振袖を着る、振袖自装のポイントや留意点について、数回に分けて書かせて頂いています。
過去の振袖自装の記事


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
--------------------------------------------------
和日和着付け(出張もいたします。)http://wabiyori.net/kitsuke.html

posted by wabiyori at 09:06| Comment(4) | 着物FAQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは(^^)♪
ご紹介くださいましてありがとうございます♪
テキスト頑張りますね!

「振袖を自分で着たい!」をシリーズでまとめられていますので、必要な情報をお探しの方にとってもお役に立ちますね(*^^*)

和日和さんの帯結び写真も楽しみにしていますね♪
Posted by 小春 at 2013年03月29日 00:09
テキスト楽しみにしています!私ではなかなかテキストを作るところまで手がまわりませんので、ご紹介させていただけるので助かります♪

改良枕を使った変わり結びでこんなに凝った帯結びができるなんて、流石小春先生だわ〜!と感動していました。
Posted by 和日和 at 2013年03月29日 06:58
私は、前結びで帯を結んだことがないので、前結びでの「デメリット」のところがいつも気になります。
どうしてるんでしょうか?

改良枕での帯結びの経験はありますが、やはり和日和さんがおっしゃる「デメリット」があることはゆがめません。

自分で綺麗に帯を結ぶことが出来れば、もっと気軽に振袖を着ることが出来ますね。
私も写真を楽しみにしています。
Posted by みーちゃん at 2013年03月29日 14:52
低くなるのは、回した後に「よいしょ!」と持ち上げています。

ヒダは自分で直すのはかなり難しいですね。。ですので、左右対称な帯結びは避けて歪んでも目立たない帯結びにするようにしています。
誰かに引っ張って直してもらうこともあります(^_-)-☆
Posted by 和日和 at 2013年03月29日 17:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。