2013年04月05日

裄が足りない着物を着るときの工夫

雨が降り、肌寒く感じたので、濃い色を選んでしまいました。

水玉のようなロウケツ染めが全体に入った小紋です。柄と色が気に入って、オークションで購入しました。裏は結構汚れていますが、表は色もあって汚れは目立ちません。5千円ぐらいだったかなぁ。
mizutama1.jpg
裄が4センチぐらい短く身幅も足りません。正座するとはだけやすいのはご愛嬌ですが、腕がにょっきり見えるのはなるべく避けたくて。

そんなときの着付けの一工夫。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
まずは、長襦袢の衿は抜いてゆったり着付けます。
そして、半襟は多目に見せます。
後ろは半襟は見えないようにしますが、横の時点で少し出すぐらい、襟の合わせのところでは、指の関節二つ分ぐらい見せます。
mizutama2.jpg
そうすることで、裄は三センチ弱は誤魔化せるかなぁ。気持ち裄が短めかな、という程度にはなったかと。
たっぷり半襟をみせるので、色半襟やレースに刺繍、素敵な半襟を使うと楽しいですね!カジュアルな伊達襟を使って遊んでもいいですね。

私はシンプルな半襟が好きなので、変わり織り(鱗模様)のアイボリーの正絹半襟です。

いただいた着物やアンティークや古着で、色や柄が気に入ったけど寸法が合わない時は着付けである程度カバーできるので、ご相談下さいませ♪

仕立て直しも結構金額がかさみますし、色焼けがあって幅や丈を出せない、そもそも縫込みがなくて出せない、ということも結構ありますもんね。

過去の同じ小紋を着たコーディネート→水玉の小紋
帯締めは厄払いに母からもらった龍村織物の帯締めです。→女性の厄年には長いもの(巻くもの)を。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
--------------------------------------------------
和日和着付け(出張もいたします。)http://wabiyori.net/kitsuke.html

posted by wabiyori at 08:00| Comment(2) | 着物FAQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
和日和さま
参考になります。私の着物を娘が着るとき、裄足りないんですよね。参考になることがいっぱいのブログですね。お子さま小さい、お仕事もなさっているのにすごいです。
Posted by 紫苑 at 2013年04月05日 08:59
お役に立てて幸いです♪

裄が足りなくなるなんて、手足が長くていらっしゃるんですね〜うらやましい。私は、体の厚みで裄が足りなくなっています。笑
Posted by 和日和 at 2013年04月05日 09:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。