2013年08月23日

脇のタックをとる位置は変わったの?!

最新号の美しいキモノが届いて眺めていました。最近は、読み返さない事が増えてもったいないのですが(高いですからね!)、惰性と読まれる方との共通の話題のためにとっています。

で、表題の話なのですが、着付けも時代によって変化すると思うのですが、脇のタックをとる位置って変わってきているのでしょうか??

着付け師の諸先輩、教えて下さい。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
美しいキモノの、特に最新号の紬の特集のコーナーの着付け、タックが、体の内側に寄っているような気がするのです。

体型と着物のサイズにもよると思いますが、私の場合は、着物の種類に関係なく、なるべく脇よりで、肩から下がる袖と同化する位置を目安に、脇から肩山までのラインでとっています。

留袖の紋が隠れない位置にいつもしています。

でも、美しいキモノのタックですと、紋が隠れる位置なんです。

私は着物の種類でタックの位置は変えていなかったのですが、着物の種類によってぴったりなタックの位置は違うのでしょうか??

それとも、未仕立てなど撮影の特殊な着付けの特有なタックの位置というものがあるのでしょうか??

私としては、真ん中寄りにタックをとると、なんだか体に厚みがあるように、ふくよかに見えるような気がしました。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
--------------------------------------------------
和日和着付け(出張もいたします。)http://wabiyori.net/kitsuke.html
posted by wabiyori at 09:47| Comment(2) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
84ページや87ページのピンクの紬とか?
これ、私も気になりました。
でもやり方が変わったというより、
着物の寸法がとても大きいのではないかしら?そこここ幅が広そうに見えます。
だからタックをものすごく深く取っているような気がします。
確かにこれでは紋がちょうど見えなくなってしまいますよね。
ちなみに私はタックはとらない、脇へ全部寄せると習いました。
でもあまりにも余る場合や固めの素材の場合はタックをうんと脇の方でとります。
Posted by tanahana at 2013年08月24日 23:53
そうです。ピンクの紬などです。幅がとっても広い着物だとそうなっちゃうのでしょうか。補正も多目のように見えますが、着物のサイズに合わせて、なのかもしれないですね。

タックは取らない着付け、私も着付け教室ではそう習いました。そして、その後に現場の着付け師さんや他の先生のタックの取り方を教わってとるようになりました。
Posted by 和日和 at 2013年08月25日 07:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。