2013年08月30日

秋のフラワーアレンジメント

image/2013-08-30T21:42:10-1.jpg月に一回のフラワーアレンジメントのレッスンに行ってきました。習うのって楽しくて、毎回楽しみなんですよね。

日中いない部屋に放置しているのであっという間に花がダメになってしまって夏の間は全然自習をしませんでした。。

今回は秋を感じさせる花達で、平行に自然風にいけるレッスンでした。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
まだ暑い日が続きますが、リンドウやススキ、ケイトウを見ると秋を感じます。

自然に見えますが、しっかりと理論的に美しいバランスがあって、その比率を実践していきます。

私はまだ、花器を最大限に生かして、大きく奥行きを感じるようにいけられません。なんだかこじんまりとまとまってしまうんですよね。。写真は先生に手直ししていただいた後なんです。。

ちょっとの事で、バランスがかわって仕上がりの印象がかわる。これは着付けにも共通するところかと思います。

そういう、サイズや奥行き、ボリューム、色のバランスの訓練にフラワーアレンジ、役にたっているような(気のせいかな?(笑)) 気がします。

それに、生の花が家の中にあると、パワーをもらえるような気がしますし、見てもうれしい。初めて半年ですが、まだまだ奥が深くて。。少しずつ身に付けていきたいです♪


にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
--------------------------------------------------
和日和着付け(出張もいたします。)http://wabiyori.net/kitsuke.html
posted by wabiyori at 21:46| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
秋らしい花材ですね。

この活け方はスクリーンですか?

お花屋さんは、あんまり変わった活け方を教えてくれないのです。

花屋流の活け方ですわ。

花材をあまり使わない様にしているのかも…お安いから(^_-)
Posted by うまっち at 2013年08月31日 16:01
複数点に集芯させる左右非対称のパラレル(平行)、と教わりました。奥行きは8センチぐらいあります。

スクリーンっていうのは私のイメージだともっと厚みがない感じですかね?

私の先生もお花屋さんなんですよ♪教える事で儲けは考えていらっしゃらないようで、毎回贅沢な花の種類に数です。おまけの花もしょっちゅういただいてしまってf^_^;
マンツーマンですし、ありがたいです。

着付けもそうですが、先生によってスタイルが全然違いますよね(^_-)-☆
Posted by 和日和 at 2013年08月31日 16:27
「平行に自然に活ける」なんてはじめて聞く言葉で新鮮です。

私などは昔ながらの池坊の感覚ですので、若い方の感覚には刺激を受けます。
面白いですね(#^.^#)
Posted by みーちゃん at 2013年08月31日 22:35
私が習っているのはヨーロッパスタイルのものなんです。

日本だと、床の間や飾り棚に飾る用途が多いかもしれませんが、ヨーロッパスタイルだと、広いテーブルに飾る、という用途に合わせた形が多いような気がします。

仕上げも、少ない限られた花材でいかに豪華に見せるか、がポイントなようで、そこは華道とは違うなぁ、と思います。
Posted by 和日和 at 2013年09月01日 07:30
習い事って、楽しいですよね!
大好きです。
時間とお月謝の許す限りあちこち(笑)
お花も、華道とイングリッシュスタイルと両方しました。
この作品は、野に咲いているような感じで
秋の風情があって素敵ですね。
おっしゃるように夏場は痛みが早いので、
涼しくなってからのお楽しみです。
Posted by tanahana at 2013年09月01日 23:24
時間とお金が許す限り。。そうですね。バタバタした毎日の中でも時間を捻出する事で、心の余裕が生まれます♪

華道とイングリッシュスタイル、両方習われたんですね!
私も、最初、草月流に通おうと思っていたのですが通いやすさから、今の先生に行き当たりヨーロピアンスタイルをやっています。
私もこちらの先生で数年習って基礎ができたら他のスタイルや流派も勉強してみたいです。
Posted by 和日和 at 2013年09月02日 06:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。