2013年09月17日

神輿に乗る人担ぐ人、そのまた草鞋を作る人

image/2013-09-17T20:06:02-1.jpg月曜の台風一過、午後から近所で神輿が出ていました。

かなりの大人数でびっくり!そして、ふんどし率が高いのにもまたびっくり(^m^)
最近は、短パンっぽいのをはく人がほとんどだと思っていたので、半分の人がふんどしで、白いお尻を直視できませんでしたよf^_^;

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
そして、遠慮なくじっと見れたのは(笑)采配をするおじいちゃま達。

揃いの浴衣にキリッと角帯、白足袋に雪駄。黒の(紋なし色無地)絽の羽織をサラッと羽織って。
その何気ない枯れた感じが粋で、古い歴史ある土地なんだな、という事が感じられます。私はまだ引っ越してきて五年程度ですけどね(^_-)-☆



神輿に乗る人担ぐ人、そのまた草鞋を作る人


これは、よく前の上司(といっても社長なので上司といっていいのか。。)が訓示などでよく言っていて、今も私の心の糧としています。
仕事において、「こんなくだらないやり取りに何の意味があるんだろう。」と仕事の遣り甲斐を見失ってしまいそうになった時にこの言葉を思い出すんです。

正確には「箱根山、駕籠に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋を作る人、捨てた草鞋を拾う人」というそうですよ。

誰でもこういう心に残るフレーズ、あるんじゃないでしょうか?私は、他にはいくつかの詩をいつも、教えてくれた先生と一緒に思い出します。それは、また別の機会にご紹介しますね♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
--------------------------------------------------
和日和着付け(出張もいたします。)http://wabiyori.net/kitsuke.html
posted by wabiyori at 21:03| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「箱根山、駕籠に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋を作る人、捨てた草鞋を拾う人」
世の中の縮図のような言葉ですね。

また、おじ様たちの粋な姿が良いですね、遠めだけど素敵!
昔ながらの行事を皆で次の世代に繋いでいきましょう(^_^)v
Posted by みーちゃん at 2013年09月19日 08:15
マンションや社宅も多い駅前の地域なので、どうしても行事は商売をされている方が中心になっていますね。。
子供神輿に女性の神輿も3つも出ていました!
Posted by 和日和 at 2013年09月19日 08:57
まだこんな御神輿をするところが都会のど真ん中(ですよね)にあるんですね。いいですねえ。「神輿に乗る人、担ぐ人」までは知っていましたが、草履を作る人までは知りませんでした。「箱根の駕籠も〜」へえ。和日和さんは、着物のこともそうだけどいろんなことよくご存じですね。とても面白いです。またいろいろ教えてくだださい。
Posted by 紫苑 at 2013年09月23日 08:41
神田のお神輿なんかは、近くの企業にお勤めの方がほとんどみたいですね。巣鴨は商店街がありますので、お店の方が多いのかなぁ、と思います。

子供が大きくなったら、子供神輿に参加させてやるのかな、と楽しみです♪
Posted by 和日和 at 2013年09月23日 09:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。