2014年02月15日

「長襦袢の着こなし入門」普段、着物を心地よく着たい方に


長襦袢だけで一冊ってすごいですよね。隠れるのがもったいないぐらいの素敵な染めの長襦袢が沢山出ていました。入門、とありますが、中級者の方におすすめです。

もっと快適に着物を着たい、と思ったら長襦袢をしっかり快適に着るところからですよね。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
特に、襟まわりは参考になります!笹島先生のいいところは、いくつもの方法を提案してくれるところ。絶対これ!というのではなく、簡単さ、体型、好みなどに合わせて選べるところ。そういう懐の深さを感じます。

私は長襦袢はメッシュの衿芯と三河芯を使い分けています。三河芯の方が着心地がいいけれど、どうしてもヨレっと後ろはしやすいので、大きく抜きたい時はメッシュにしているんです。

この本を読んで、長襦袢の生地に私は全然こだわっていなかったな、と気づきました。綸子しか選択肢になかったんです。モスの長襦袢も祖母が作ってくれて持っているけど使っていません。チェニーという素材は正直知りませんでした。お恥ずかしい。デパートで早速手にとってみてみたいです。チェニーの長襦袢を使っている方って実際いらっしゃるのかな?
着物の素材との相性、とっても参考になりました。

他装は、笹島式は不得意なのかな、とおもいますが、自装においては、本を出版されていらっしゃる先生の中では一番快適に着られる方法だと思っています。腰紐は特に、結ばないのに緩まない独自の(普通のモスを使うけれど)方法で、私の着付けやレッスンにも取り入れています。


更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)↓おかげさまでランキングは上位を維持できてています。ランキングを見てみてくださいね↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
--------------------------------------------------
和日和着付け(出張もいたします。)http://wabiyori.net/kitsuke.html
posted by wabiyori at 08:00| Comment(2) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
…私もこの本、読んでまーす(o^^o)

人気ブロガー様が衿元について書かれていたので、本棚から掘り出してきて再読してます



長襦袢ね、私は替え袖派だからw憧れますね、やっぱり。


和日和さん、お洒落だから長襦袢にも色々凝っていそうな気がします…☆★(勝手なイメージw)



年末に長襦袢のお仕立て仕事で二枚縫ったんだけど。。。内、一枚は仕立て直しの綸子でね、

古いものなんだけど、しっかり定期的に悉皆メンテナンスされてる雰囲気の生地で

艶とハリが素晴らしかったの…!


メンテナンスって、大事だな〜って改めて(o^^o)って思いました




ポチ☆






Posted by 花椿あやこ at 2014年02月15日 09:42
長襦袢は全然凝ってなくて、消耗品扱いで、リンズもエマールで洗ってたf^_^;

お仕立てじゃない古着には、替え袖も捨てがたいよね!二部式はいまいち私は得意じゃないけど、嘘つきは愛用してるよ。
ただ、脱いで生徒さんには見せられないから、長襦袢の着付けのレッスンの時は長襦袢です♪
Posted by 和日和 at 2014年02月15日 11:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。