2014年02月22日

春になると紅花染めの紬た着たくなる

beniba1.jpg
春っぽくなると着たくなるのが紅花染めの紬です。紅花が咲くのは6月ですが、そのほんわかした色とざっくりした素材感でまだ寒いけど、春の気分、という時に着たくなります。

今回は、高木京染店さんで購入した綿の名古屋帯とあわせました。同じような素朴な素材感です。
同じ帯を使ったコーディネート→過去の記事(高木京染店の帯)携帯では表示されません。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
グラデーションにはなっていますが、柄はない着物なので、どんな帯とも相性がいいんですよね。祖母に昔購入してもらいました。そのときは、装道に通い始めた頃でしたので、装道での着付けでの腰紐の位置(ウエストの一番細いところ)でちょうどいいように着丈が長めに仕立ててしまっています。今は骨格着付けを導入しているので、もっと低い位置です。おはしょりの調整が必要で面倒です。仕立て直そうかな。。。こういう紬の時は、コーリンベルトも伊達締めさえもしたくないぐらいなんです。

この着物を着たほかのコーディネート→紅型の帯とレースの貴婦人とこぎん刺しの帯と紫根染めと

オレンジ系や赤系の帯と合わせるとアラフォーにはイタイ感じになるだろうな、と茜染めの帯とあわせるのは我慢しました!


更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)↓おかげさまでランキングは上位を維持できてています。ランキングを見てみてくださいね↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
--------------------------------------------------
和日和着付け(出張もいたします。)http://wabiyori.net/kitsuke.html
ラベル: 名古屋帯
posted by wabiyori at 15:18| Comment(3) | 着物箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お世話になってます。
和日和さんは、色々な事をよく知っていらっしゃるので、色々教えていただけて助かっています。また、わたしのところへもいらしていただいて、ありがとうございます。今後の課題は、着付け師ブログらしくすることなのですが・・・(>_<)
どうぞ、呆れないで、これからも宜しくお願いします。
お嬢様のお雛祭楽しみにしています♪
Posted by 葵 at 2014年02月22日 20:25
本当にほんわかしたお着物ですね。

帯も素敵です。

私は背が高いので、着物によって

ウエストで締めたり、母の着物は腰で締めないと短いしと

着物によって変えています。



いろいろなやり方、偶にやっておかないと

いざという時に、慣れないので

このままでも良いかもしれませんよ。

自分で仕立てが出来たら良いですよね。



Posted by うまっち at 2014年02月23日 00:00
>葵様

そんな課題がおありだったのですね!私は、着付けと着物だけより、いろんなことも記事にされているほうが楽しいな〜と思っていました♪
コメントありがとうございました。
お雛様、ハマグリは冷凍ですが購入したり、準備を少しずつしています!

>うまっちさん
確かに、色々な方法を知っておかないと、お教えできないですね。でも、どうしてもサイズが好みでないものは、着付けに時間がかかるので出番が少なくて。
自分でちょちょっとできるといいんでしょうけどねぇ。半襟付けさえおっくうがるような人間には夢のまた夢でございます。
Posted by 和日和 at 2014年02月23日 01:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。