2014年07月10日

リボン返し(みやこ結び)と割り角だしの違い

半幅帯での定番になってきました。リボン返し(みやこ結び)、割り角だし。

私のレッスンでは以前はリボン返し(みやこ結び)をずっと教えていましたが、今年から割り角だしに変更しました。

まず、二つはどう違うか、というと、見た目は正直大差ありません。
yukata_o1.jpg
↑こちらがリボン返し(都結び)。
140706.jpg
↑こちらが割り角だし。ほら、見た目はよく見ないと違いがわからないでしょう?

ただ、リボン返しはチョウチョ結びをした後に両方の手先を上から垂らすのに対して、割り角だしは片方は引き抜き、片方だけのチョウチョ結びにして、上から垂らす手先を何周も(長さに合わせて)グルグル巻きます。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへそこで、どうしてお教えするのを割り角だしに変更したかというと、
-リボン返しは手先を長くとるので半分に折る長さが長く、折り線が残ると嫌だから。
-リボン返しは最初、自分が帯の中心あたりに身をおいて、巻き始めるのですが、文庫や名古屋帯の時は手先は短いですよね。それが生徒さんによっては混乱しやすいみたいなので、共通した巻き始まりの割り角だしにしました。
-リボン返しの際のチョウチョ結び、案外ギュッと硬く結ぶのには力が(堅い帯だと特に)必要なのですが、割り角だしの引き抜くやり方の方が結び目をかたくできます。
-最後の垂れる部分、二本の長さを調節するより、一本をグルグル巻く方が初心者にはバランスが取りやすい。

これらの利点があります。あと、私は市販の本をテキストとして使っていますが、その中では、割り角だしっていう実務的な理由もあります。

割り角だしの欠点は、最初のひと結びの時に長い方を引き抜くので、手間がかかる、最後に巻き付けて垂らす時も何回も巻いて時間がかかる、という欠点もありますが、上記の利点が上回る、と判断いたしました。

リボン返し(みやこ結び)でレッスンした方、すみません(>_<)。もし、「それだったら私も割り角だしにしたいわ〜」という生徒さんがいらっしゃいましたら、通常レッスン料の半額で割り角だしのレッスンをさせていただきますので、何とぞご容赦下さいませm(__)m


更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)↓おかげさまでランキングは上位を維持できてています。ランキングを見てみてくださいね↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
--------------------------------------------------
和日和着付け(出張もいたします。)http://wabiyori.net/kitsuke.html
posted by wabiyori at 08:00| Comment(2) | 着物FAQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わかります。
私も同じく、リボン返しはお教えしません。
若い方は自発的にネットなどで情報を得て
実践しているようです。
「こういうやりかた(リボン返し)でもいいんですよね?」と聞かれた時、
同じように「いいけど結び皺の位置が違うから・・・」と説明したことがあります。
特に、半幅のあと名古屋や袋へというステップの中での場合はなおさら、帯結びの構造が違いすぎると次が受け入れにくくなるような気がします。
Posted by tanahana at 2014年07月10日 17:07
私は最初に名古屋帯を覚えていただいているのですが、混乱される方がとても多かったのです。

二枚のたれがかぶっている方が、比べると可愛いし、結び目も少しボリュームがでるので若い方だとリボン返しの方が外見的には好みかもしれないですね。
実際、私がそうだったのでf^_^;
Posted by 和日和 at 2014年07月10日 18:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。