2014年07月12日

「花子とアン」に影響されて「白蓮れんれん」を読みました

NHKの連続テレビ小説「花子とアン」の影響で、こちらを読みました。

家一軒建つぐらい着物につぎ込んだ林真理子さんならでは、着物の表現が細かくて、着物愛好者にはうれしいですね♪

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ着物が主役の話ではないですが、服装はその主人公の美意識を反映したものとして表現がされています。

特に、婚礼の際の着物は圧巻ですね。テレビでも豪華でした。
でも(録画していないのでよく見れませんでしたが)、上半身と裾の柄が微妙に違っていたようにも見えました。
素晴らしい刺繍や友禅の着物を一から作れるのは大河ドラマや映画ぐらいかも。なので、すでにあるアンティークの着物の良いとこどりで仕立て代えしてあるのかも?と感じました。

ブログ仲間の和裁をされるあやこさんによると、仕立てや柄あわせは論理的な理系的な感覚なのだそう。
確かに、上記ドラマ衣装みたい時は、パズルのように組み立てていくわけですもんね。

そのレベルに到達している先生や和裁士さんは一握りだと思いますが、こもってチクチクの作業で女性的な雰囲気があるので、意外ですし、かっこいいな〜と思いました。
実際、仕立ても男仕立てがありますからね。

更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)↓おかげさまでランキングは上位を維持できてています。ランキングを見てみてくださいね↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
--------------------------------------------------
和日和着付け(出張もいたします。)http://wabiyori.net/kitsuke.html
posted by wabiyori at 08:00| Comment(2) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもありがとう(*^^*)

柄合わせねーーー、難しいよねーー。

やっぱり和裁の先生方は、理系率が高いと思うよ〜!理路整然としてるw

和裁ノートとか見せてもらうと、設計士さんみたいに『線が引ける人』のノートなんだもん…!

私のノートは、、、カオスだよw( ̄▽ ̄)

着付け師さんも、理系じゃない??
理系とゆーか、立体的にモノを捉える能力が高いイメージ!(創作結びとか)

またお邪魔しますね(^-^)/



Posted by 花椿あやこ at 2014年07月12日 20:27
着付け師は、理系というより体育会系な感じがしますよ(笑)練習、練習、実践!って感じが。

私もノートつけ、苦手です。。というより、ノートつくなくて、教科書にメモを書き込む程度で。。教科書を丸覚えしちゃうから。
だから、学生のころから見直せるノートつける人は尊敬しちゃいます。
Posted by 和日和 at 2014年07月13日 09:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。