2014年10月02日

お太鼓がきれいに作れない理由。加賀友禅の名古屋帯

140933.jpg 140932.jpg
この帯は10年ほど前に従姉に染めてもらった加賀友禅のものです。
塩瀬の帯なのに、なぜか絹のヘロヘロの芯を入れてもらってしまい、しかも手先が異常に長く(我が家はふとっちょの家系だから気を使ってくれた?(笑))、手先は自分でカットしたものの、初心者には難しい帯でした。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ久しぶりに出してみたら、別に柔らかくても大丈夫でした。自装技術も向上した?(笑)仕立て直そうかな、と少し思っていたのですが(他にも直したい、芯を変えたい帯がいくつかあるので)このまま使い続けることにしました。

お太鼓の形を上手に作れない、というときは、ほとんどは枕に原因があります。苦手な方は、長い枕を使ってみて下さい。ちょっと四角くてかっちりした雰囲気になってしまいますが、お太鼓の上線をきれいに整えやすいです。

今日使った帯揚げです。
140934.jpg
生地の光沢からいって裏の方に銀杏の葉が染められています。なぜ??リンズのものは、光沢の程度が表裏で違うので(光沢ありが表です)、コーディネートによっては裏を出したり、はしますが、なんで敢えて裏に染められているんだろ〜。こういう色は私は買わないので、母に譲られた(祖母チョイス)か、頂き物だと思います。



更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)↓おかげさまでランキングは上位を維持できてています。ランキングを見てみてくださいね↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
--------------------------------------------------
和日和着付け(出張もいたします。)http://wabiyori.net/kitsuke.html
posted by wabiyori at 08:00| Comment(2) | 着物箪笥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに、以前結びにくくて敬遠していた帯を結んでみたら、あらっ(#^.^#)と思うことがありました。

技術の向上ですね。
Posted by みーちゃん at 2014年10月03日 07:29
あとは。。体格の変化でしょうか。。f^_^;
Posted by 和日和 at 2014年10月03日 12:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。