2015年05月01日

【着付本】骨格と着つけの関係 着くずれしない着つけ

骨格と着つけの関係 [ 笹島寿美 ]
笹島先生の着付け本は、体に負担なく普段着着物を着たい、という人には是非1回見てみて欲しいです。私は、笹島先生のやり方に出会って、着物を着るのが好きになりました。

装道時代は、画一的なやり方の礼装用のシワがひとつもないキッチリ自装しか知らなかったので、20代でしたが体がきつかったんです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ体格がそれぞれ違い、体の硬さもクセも違うのに、同じ補正、手順、紐の位置ではそれじゃぁ負担がどっかに来ますよね。笹島先生の手順も一応定型がありますが、もっとフレキシブルに色々な方法を提案してくれます。

この本も、なんだか着物を着ると疲れるわ〜っていう方に是非読んでもらいたいです。ただ、読んだだけでは難しいかな。。。私も笹島先生の系列の先生に何回かレッスンをしていただいてなるほど〜と理解できたんです。
ですので、普段着着物を着ている先生に一度見てもらう、というのが一番早いかもしれませんね。


更新の励みになりますのでわーい(嬉しい顔)お帰りの際はポチっぴかぴか(新しい)とよろしくお願いしますハートたち(複数ハート)↓おかげさまでランキングは上位を維持できてています。ランキングを見てみてくださいね↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
--------------------------------------------------
和日和着付け(出張もいたします。)http://wabiyori.net/kitsuke.html
posted by wabiyori at 08:00| Comment(4) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
笹島先生の着付けの本は、本屋さんで立ち読みぐらいしかしていませんでした。

一度見てみますね。

私は装道にいるころから異端児で

祖母を見て育っていたのと、最初が京都きもの学院で長襦袢だったこともあるかも?

長襦袢や紐の着付けに憧れ、なんで装道だったんだろうと思いますが

従来の小物で自装をしていました。
装道でも紐の着付けの授業があって、それ以来ずっとそれで・・・

コンテストに出た時だけ、装道の小物で




ところが歳を重ねた

今は、ほとんどランジェリーと美容衿です。

家で着物を着ないせいもあるのですが


お客様の所や教室の時がほとんどなので、やはりきれいな着付けを心掛けています。

お仕事していても着崩れしないようにと

長襦袢を着て仕事をすると暑いので

美容襟やランジェリーは洗濯してもノーアイロンで楽なので

でも、お客様は長襦袢と紐がほとんど
補正を嫌がる方もいるので
笹島先生の本、参考になりそうですね。

ありがとうございます。

Posted by うまっち at 2015年05月02日 12:46
うまっち先生は本当に異端児ですよね( ^ω^ ) 装道でずっといらっしゃった方は割と頭の固い方が多い印象で、色んな方法を試される先生は少ないですもん(^_^;)

私は長襦袢できれいになかなか着れなくて(師範になっても)嫌でした。授業でもランジェリー中心でしたから。。
ランジェリーは袖の調節ができるのと手入れの楽さがいいと思いますが、高いし、若い人には二部式の方が安くて人気ですね。ランジェリーは見た目がイマイチで着物の気分が盛り上がらないんですよね( ^ω^ )便利なので、私も未だに脱がなくていい授業の時はランジェリー着ますよ!

装道では、ウエストの1番細いところでの腰紐でしたので、自装で1日過ごすと苦しかったです>_<

何が正解って事があるわけではないので、自分に合った小物や着付けを見つけられるといいんですけどね(^_^;)
Posted by 和日和 at 2015年05月02日 17:15
骨格、特に最近ご高齢の方の着付けが
気になっています。
さっそく読ませていただきます!

Posted by tanahana at 2015年05月03日 10:13
高齢の腰の曲がった方は身丈が余りますし、腰は閉めても胸を締めると苦しくなられたりして、事前に揚げを縫ってあげられるといいんですけどね。。
帯幅も広すぎる事がありますよね(^_^;) 年配の方の着付けも少し載っていましたが、そんなに多くなかったかなぁ。
Posted by 和日和 at 2015年05月03日 11:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。