2007年07月01日

結婚式での親族の着物

結婚式に着る着物について、ご相談を受けました。
ご相談者のお母様が姪(相談者のいとこさん)の結婚式に着る着物についてです。

9月の式に袷の訪問着でも大丈夫か、というところなのですが。。。


結婚式での留袖

伯母・叔母としての出席でしたら、留袖が無難です。新郎新婦の母親は黒留袖が多いようなのですが、色留袖でも黒留袖でも格としては変わりませんので、お持ちでしたら留袖がいいでしょう。

また、袷についてですが、真夏ですと厳しい(暑いですよね。。。)と思いますが9月でしたら袷で大丈夫だと思います。

訪問着でも、紋が入ったものであれば、私の判断では、結婚式でもいいかなぁ、と思います。もちろん、友人・仕事の関係・遠い親族であれば、色無地・紋の入っていない付け下げや訪問着でもいいと思います。
また、カジュアルなレストランウェディングでしたら、紬の訪問着や総柄の華やかな小紋でもいいかなぁ、と思います。

いとこさんが外国の方と結婚されるということで、出席者も外国の方が多い、ということで、華やかで大胆な柄の着物を個人的には選びたいところです。

が、今回はホテルでの式ということで、訪問着でも大丈夫だと思いますが、紋が入っていない訪問着を着ることを必ず新郎新婦の母・祖母に相談されて了解を得られ、訪問着の場合でも小物は礼装用の金糸・銀糸が入ったもの・末広を揃えると安心だと思います、とお答えしました。

特に黒留袖を着る機会はめったにありませんから、(最近は仲人さんも立てないですし)レンタルで十分だと思います。

お若い方ですとマナーについて緩やかに見てもらえることでも、ある程度の年齢以上になると他の方の目も厳しくなります。また、厳しいご家庭ですと、後々何か言われるぐらいなら貸衣装を借りて着た方が楽だったりします。

また、ご相談いただいた訪問着の柄が薔薇の柄でしたので、薔薇の季節は一般的に春〜初夏だと思います。(花屋には年中ありますし、秋に咲く品種もありますが)ですので、季節はずれと思われる方もいないわけではない、というところでしょうか。

新しい門出を、心置きなく晴れやかな気持ちでお祝いするためにも、気遣いをしてもしすぎることはない、と思います。
posted by wabiyori at 17:12| Comment(0) | 着物FAQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。