2007年07月14日

男性の浴衣

女性の着付けに比べてとっても簡単な男性の着付け。

特に浴衣は羽織って結ぶだけですので、ご自分で着るのも、人に着せるのも簡単です。浴衣のレッスンの際に一緒にお教えすることも多いです。(出張着付けの場合はお持ちの場合に限りますが。)


男物の浴衣の着付と帯結び

用意するものは
・浴衣
・帯
・下着(ステテコ、衿の開きが大きいTシャツ、痩せている方は補正がわりに腹巻)
・腰紐
・下駄
です。
お若い方よりもある程度貫禄(おなかの辺りに。笑)がある男性の方が似合いますね。引き締まっている方は、帯がずり上がってこないように腹巻などで補正してください。

女性の場合はウエストあたりで腰紐や帯を結びますが、男性の場合は低め低めのヒップハングといいますか、腰骨の位置で。
財布などを持ち歩く場合は、おなかに差し込むか

信玄袋を。

雪駄や下駄は深くはかずにひっかけるような感じが粋ですね。

帯は兵児帯が簡単ですが、私は個人的に角帯の方が好きです。浴衣ですと綿の博多帯などはお手ごろですし。前下がりでキュッと結ぶとかっこいいですよ。






男物は女性とは違いおはしょりを取りません。その分簡単に着付けができるのですが、調整がつかない分、よくサイズをチェックしてください。M,Lサイズが合わない場合は、仕立てとなってしまいますね。。。

是非、カップルで浴衣デビューしてみてください。

お2人で貝の口結びをおそろいで、とされるととっても素敵ですね。女性の場合の貝の口結びはぺたっと小さくなるので割と年配の方がされるのですが、ボリュームのある帯ですとおばあちゃまじゃなくても似合うと思います。
posted by wabiyori at 11:21| Comment(0) | 着物FAQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。