2009年08月08日

浴衣の洗い方

浴衣は基本的に綿ですので、ご自宅で洗えます。(よく素材を確認しましょう。麻、高級な絹紅梅の場合もあります。)

クリーニングに出さなくても、大丈夫ですよ。
お店にお願いすると、どんなに安くても千円はかかります。。。
もっと着て頂きたいので、自宅でのメンテナンスを一緒に覚えましょう。それに、汚れは洗うのが早ければ早いほど落ちやすい、ということも念頭において。

私は、畳んでネットに入れて洗濯機の手洗いモードで洗います。

普通の浴衣はちゃんと洗えば自宅で洗濯できますが、絞りはなるべく専門のお店に出すほうがシボがぺしゃんこになりませんよ。
もう私が何十回とお願いしているお店です↓

値下げしました浴衣丸洗いクリーニング
そして、袖の部分を物干しに通し、足の部分をもう一本の物干しにひっかけて陰干しです。

手洗い、押し洗いだともっと丁寧ですね。。。

ここで注意しなくてはいけないのは、洗濯に使う洗剤など。粉のものですとちゃんと溶けていないと、カスが残った状態ではシミになります。(最近の洗剤はそういったとけ残りが少ないとは思いますが)。ということで念のために液体洗剤を。

衿や袖の部分はファンデーションが付いたりします。食べ物の汚れが付くこともありますね。そういった部分汚れは洗濯する前に歯ブラシでとったり、軽くこすり洗いを。これまた、私の場合は部分汚れ用の泡スプレーをかけるのみなのですが。。。
脱いですぐ洗濯するので、それだけで十分私の場合は汚れが落ちていますね。

そして、糊についてですが、シーズン中(まだ近いうちに着る)場合は糊付けするとやはりパリっとなるのでしますが、シーズンの終わりにはしません。この糊もシミの原因となります。

柔軟剤も同様に、やめておきましょう。

ちゃんと染めてある浴衣の場合、藍色が出ることがありますから、要注意です。また、絞りの浴衣のシボ(ツノ)がなくなるのが気になる場合は、やはり専門のお店に出したほうがいいでしょう。(近所のクリーニング屋さんですとシボがまったくなくなった状態で返って来ることがほとんどです。)


シワは乾いた後、寝押ししています。アイロンがけはこの時期きついですし、範囲が余りにも広くて。。。それにちゃんと畳んで洗濯するとそんなにシワは出来ないですね。

決して難しくはありませんよ〜〜。是非、自宅でメンテナンスしてみてください。
posted by wabiyori at 19:29| Comment(0) | 着付け案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。